マイクロニードルパッチとは?メリット・デメリットも併せてご紹介

このサイトでご紹介しているヒアロディープパッチミケンディープパッチ、そしてオデコディープパッチ

これらパッチの共通点は、(株)北の達人コーポレーションという会社が作った商品ということもありますが、いずれもヒアルロン酸で出来たマイクロニードルという技術を使用していること。

ヒアルロン酸で非常に細かな針を形成しパッチ形状にしたものをお肌の上から貼り付け、角質層の奥までヒアルロン酸を浸透させる、ヒアルロン酸のマイクロニードルという技術を使用していることです。

おすすめの適用部位ごとに、

  • ヒアロディープパッチ:目の下や目尻、ほうれい線
  • ミケンディープパッチ:眉間(ミケン)
  • オデコディープパッチ:額(ひたい)

と製品が分かれていますが、部位ごとのお肌の特徴や形状、年齢サインの特徴に最適化されています。

ここでは、そんな「マイクロニードル技術」について、もう少し詳しく見ていきたいと思います。

マイクロニードル技術とは

マイクロニードル技術とは、その名前の通り、非常に細かい(マイクロサイズ)針を並べて敷き詰めたシートを皮膚に貼り付けることで、その針の先端部分に含ませた薬剤を体内に投与するという、パッチ形状の経皮吸収製剤です。

このマイクロニードル技術を参考にして、針をヒアルロン酸やその他の美容成分で作り、肌に含まれる水分で針を溶解させ、成分を角質層の奥まで届けるようにしたのがヒロディープパッチですね。

ヒアルロン酸は、1gで6L(リットル)の水を保水することができるほどの保水力に優れた成分なのですが、分子が大きいので角質層まで浸透させることが出来ないという問題がありました。

なので、ヒアルロン酸を含んだ化粧品を肌に塗布しても、角質層の奥まで浸透させることは難しいとされていました。

そこで、このマイクロニードル技術を応用してヒアルロン酸等でマイクロニードル形状にすることで、今まで肌に浸透しづらかったこれらの成分を、角質層まで直接届けることができるようになったのです。


(図はミケンディープパッチになっていますが、このサイトでご紹介している商品の全ては、これと同じ原理を導入しています)

 

マイクロニードルパッチのメリット・デメリット

このようなマイクロニードルという画期的な方法を用いたヒアルロン酸針化粧品のメリット・デメリットをみてみましょう。

メリット

  • ヒアルロン酸や美容成分を直接角質層の奥まで届けることができるので、気になる部位にハリや弾力を出すことができます。
  • しかも、ケアが簡単!貼って寝て、翌朝起きて剥がすだけ。
  • 毎日のケアは不要!週に1回、あるいは2回のケアでOK。
  • ヒアロディープパッチの目の下の小じわについては、即効性が期待できる。

デメリット

  • 貼ってしばらくの間(10~15分程)は、痛みを感じる方がいるかも(多くの方は、痛痒いとか心地よい痛みと表現される方もいますが、個人差があります)。
  • 貼り直しがきかない。
  • お肌が敏感な方は、テープの部分にかゆみを感じる場合があるかも。
  • ヒアルロン酸針(マイクロニードル)に触ってはいけないので、取り扱いには気をつける必要あり。

 

メリットが非常に大きいマイクロニードルパッチ

このように、痛みというデメリットを克服できれば、使いやすくて効果の期待も大なので、今、とっても人気があるようです。

例えば、ヒアロディープパッチの公式サイトをご覧頂くと、増産しても生産が注文に追いつかないほどの人気となっています。

 

ヒアルロン酸針を商品ごとに比較してみた

北の達人コーポレーションが販売しているディープパッチについて比較してみました。

商品名 ヒアロ
ディープパッチ
ミケン
ディープパッチ
オデコ
ディープパッチ
写真
適合部位 目の下
目尻
ほうれい線
眉間 おでこ
成分 ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン、プラセンタエキスなど17種類 ヒアルロン酸Na、アセチルヘキサペプチド-3、ペンタペプチド-18など10種類 ヒアルロン酸Na、グリセリン、プロパンジオールなど14種類
無添加 無香料、無合成色素、パラベンフリー、アルコールフリー 無香料、無着色、パラベンフリー、アルコールフリー、紫外線吸収フリー、鉱物油フリー 無香料、無着色、パラベンフリー、紫外線吸収フリー、鉱物油フリー
内容量 2枚 x 4袋
(約1ヶ月分)
8枚入り
(約1ヶ月分)
8枚入り
(約1ヶ月分)
針の長さ 明記なし 明記なし 明記なし
針の密集度 明記なし 明記なし 明記なし
ケアの頻度 1~2回/週 1~2回/週 1~2回/週
通常価格 4,422円
(税抜)
4,422円
(税抜)
5,533円
(税抜)
定期コース
価格
3,538円
(税抜)から
3,538円
(税抜)から
4,426円
(税抜)から
口コミや
詳細は
こちら こちら こちら

 

他メーカーの商品はどうなの

ヒアロディープパッチのような、目の下や目尻の小じわ用のパッチは他社からもいくつか販売されていますが、眉間やオデコ用のマイクロニードルパッチは、北の達人コーポレーションの商品(ミケンディープパッチ、オデコディープパッチ)だけのようです。

ここでは、ヒアロディープパッチとの競合製品と思われる

  • 資生堂ナビジョン HAフィルパッチ
  • フィルナチュラント IC.U マイクロパッチ
  • クニオス ダーマフィラー

について、比較してみました。

商品名 ヒアロ
ディープパッチ
ナビジョン
HA
フィルパッチ
フィルナチュラント IC.U

クニオス
ダーマフィラー

写真
販売会社 北の達人
コーポレーション
資生堂
ジャパン(株)
(株)ドクターフィル コスメティクス コスメディ製薬(株)
適合部位 目の下
目尻
ほうれい線
目の下
目尻
ほうれい線
目の下
目尻
ほうれい線
目の下
目尻
ほうれい線
効能評価
試験済
内容量 2枚 x 4袋
(計8枚)
2枚 x 3包
(計6枚)
1回分(1袋2枚入り)
3袋+1袋プレゼント(計:8枚入り)
・2枚 x 1袋
・2枚 x 4袋
・2枚 x 8袋
成分 ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン、プラセンタエキスなど17種類 ヒアルロン酸Na(100%) ヒアルロン酸Na・水 ヒアルロン酸Na、コラーゲン、セラミドなど20種類
無添加 無香料、無合成色素、パラベンフリー、アルコールフリー 無香料、無着色、防腐剤(パラベン)無添加 無香料、無着色、パラベンフリー、アルコールフリー、オイルフリー、紫外線吸収剤フリー、界面活性剤フリー エタノールフリー、合成界面活性剤フリー、防腐剤フリー、無香料、無着色
針の長さ 明記なし 明記なし 明記なし
針の密集度 明記なし 1,200本/枚 1,300本/枚 750本/枚
ケアの頻度 1~2回/週 1~2回/週 1~2回/週
通常価格 4,422円
(税抜)
5,800円
(税抜)
1回分(1袋2枚入り):
1,800円(税抜)
3袋+1袋プレゼント(計:8枚入り):
5,400円(税抜)
2枚 x 1袋で
2,000円(税抜)
2枚 x 4袋で
7,500円(税抜)
2枚 x 8袋で
13,000円(税抜)
定期コース あり なし なし あり
定期コース
価格
3,538円
(税抜)から
 –  – 2枚 x 4袋で
6,750円(税抜)
口コミや
詳細
こちら こちら こちら こちら

 

まとめ

このマイクロニードル技術が注目を集めています。

そして、この技術を応用したマイクロニードルパッチは、

  • ヒアルロン酸や美容成分を角質層の奥まで直接届けることができるので、ハリや弾力を出せる
  • 使い方が手軽で簡単。寝る前に貼って、翌朝剥がすだけ。
  • 手間がかからない。週に1~2回の使用でOK!

と、メリットが非常に大きいことが分かります。

しかも、目の下、目尻から、ほうれい線や眉間、オデコと適用範囲も広がってきているので、益々目が離せなくなってきています。